基礎を身につける内科の看護師

看護師さんにとって、内科でのお仕事は基礎を身につけるのにとても向いています。

 

内科では、患者さんへの注射、投薬、ケアや、問診などが主な仕事内容になります。

 

すべて看護の基本なので、その後の業務のスキルアップに直接つなげることができます。

 

内科看護の業務は、どちらかというと広く浅くといった感じです。

 

外科のように大がかりな検査機器を扱ったりということはあまりないので、高等技術が必要というわけではありません。

 

でも多岐にわたる業務をこなさなければいけないので、たくさんの知識と技術が必要になります。

 

同じ理由で、外科から内科に転職するときには十分に準備していかなければなりません。

 

難しい仕事ができても、基本的な業務に不慣れではうまく仕事が回せなくなります。

 

転職を考え始めたら、広い範囲の知識を勉強して頭に入れておいたほうがいいです。

 

もちろん、経験はお仕事をしなければ積めないので、それは努力次第です。

 

看護師の仕事は、科によって似通っていたり全く違ったりするものです。

 

思いついてすぐ転職ではなく、十分な下調べをしておく必要があります。