新人看護師の贅沢な悩み

新人看護師の贅沢な悩み

新人看護師の贅沢な悩み

看護師として働いていると、劣悪な労働環境からくるストレスで、同僚ともギスギスしてしまい人間関係で悩んで辞めていく人も少なくありません。

 

しかし、当然ですが皆がみなそうというわけではなく、もちろん素敵な仲間たちに恵まれている看護師さんもいます。

 

 

例えば、新人看護師として現場デビューをした時には、教育的指導の役割を任されるプリセプターという先輩看護師が一年間は付くのですが、とても教育熱心なことは言うまでもなく、精神的な気遣いや激励の言葉も掛けてくれてとても頼れる方が自らのプリセプターとしてついてくれることがあります。

 

 

しかし1年も指導についていれば、新人看護師のだめなところや、知識不足に先輩看護師もいらいらしてしまうことがあるでしょう。

 

するとせっかく素敵なプリセプターがついたのに、こんなにも優しい先輩を困らせてしまう不甲斐なさに、新人看護師は悩んでしまうのです。

 

人一倍責任感や使命感の強い人がなりやすい、看護師という職業。

 

贅沢な悩みのようにも思えますが、こういった悩みの中で看護師として成長できるのが実は一番の理想なのかもしれませんね。