後輩看護師が育てる

後輩看護師が育てる

後輩看護師が育てる

後輩看護師は先輩看護師に指導されるばかりの立場かと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありませせん。

 

指導者である先輩看護師を成長させることだってあるんです。

 

 

先輩看護師と言えども、すべてを知っているわけではありません。

 

後輩看護師に質問されて、確信を持って答えることが出来なければ自らもその分野について調べ、理解を深めなければなりませんし、自分はこの分野が弱点なのだ、という新しい発見にも繋がります。

 

 

新人看護師は何かと質問攻めで先輩看護師を困らせてばかりだと思うかもしれませんが、このような視点から考えると、質問することで一緒に成長できるチャンスでもあると言えます。

 

どちらにとっても大きなプラスになる可能性があるのです。

 

 

看護師の業界に限ったことではありませんが、看護師としてそれなりに経験を積むと、新人の頃のように「教えてください」とは簡単に言えなくなってきます。

 

新人教育制度のプリセプターシップには賛否両論の声がありますが、指導者的な側面のデメリットを補えるこのようなメリットもたくさんあるのですね。